定行一治 公認会計士・税理士事務所オフィシャルブログOfficial Blog

印紙税について

2014.03.25 Category : 01.税金 04.ファイナンス

2014年4月からの消費税率の変更について多く報道されておりますが、これに隠れてあまり目立たないのが印紙税の改正です。 今まで、3万円以上の「領収書」等について貼付が必要だったものが、この4月より5万円以上になります。 なお、これまでと同様に消費税の金額が明らかな場合は、消費税を除いたものが対象になりますし、またクレジットカードにより支払が明らかな場合は貼付は不要になります。 ここで、事業を行っている法人・個人の方で消費税課税事業者(簡易課税を除く)においては、ちょっとお得な情報です。 印紙は、郵便局等で購入すると非課税になりますが、金券等で売っているお店(金券ショップ等)で購入すると、控除対象課税仕入にできます。印紙を多く扱う事業者では、ちりも積もれば。。。になりますので活用してみては如何でしょうか。

消費税と中古住宅について

2013.11.04 Category : 01.税金 04.ファイナンス

 消費税増税まであと5か月弱となりました。  新築住宅については、9月末までの注文が既に終わり、残すところ建売住宅等における3月までの引渡物件が5%の対象になります。  ところで、これはあくまで新築住宅に限るものであり、個人からの中古住宅の購入には当てはまりません。事業者以外の個人間の取引は、事業等にかからないため、課税の対象とはならないからです。  なお、仲介手数料は、課税されます。仲介手数料は売買価格の3%+6万円が上限(※あくまで上限なので、ここは交渉が可能です。)ですが、新築住宅に比べると小さな金額になります。  ただし、売り主が事業者である場合は、新築住宅と同様になるため、消費税の対象とされますので 購入する場合は、ここにご注意下さい。

川越の税理士 小江戸から江戸へと

2013.10.01 Category : 01.税金 02.経営 03.会計 04.ファイナンス 99.その他

川越の税理士 小江戸から江戸へと http://oishiimono-meguri.info/  

PAGE TOP